ビザ・永住権取得支援サイト ALBS JAPAN

  • お問い合わせ
  • 全体サイトガイド
  • サイトマップ
TOP > アメリカビザ解説TOP >  Kビザ:婚約者、配偶者

ビザ解説

アメリカビザ解説書

Kビザ:婚約者(フィアンセ)、配偶者

K-1ビザの手続き:
米国籍者(市民権取得者)と米国で結婚を予定している場合には、K-1ビザ(フィアンセビザ)の取得が可能です。
一見簡単そうなビザと解釈されがちですが、永住権の取得同様で時間も掛かる上、申請を行うには煩雑で手間の掛かるビザです。(永住権の申請と同様です) また、面倒だと思い、合法的な手続きを行わずに「米国に渡ってから何とかなるであろう」という気持ちで行動されますと取り返しのつかない状況が発生する可能性があります。手間の掛かる申請手続きですが、正当な手続きでK-1ビザ申請を行うことで、後々永住権を申請する際のトラブル回避ができます。

K-3ビザ規定について
米国市民と既に結婚しており、米国国外(日本)で移民請願の認可を待っている配偶者と21才未満の未婚の子供に対して2000年12月21日LIFE Act により権利が拡大されました。
従来は、米国市民と結婚して永住権の請願を提出後、申請に至るまで9〜12ヶ月間は米国国外で待機しなければならず、しかも、配偶者の子供は、親(配偶者)が永住権を取得してから手続きを開始するため、 手続きには6年以上掛かっていました。
今回のLIFE Actの救済処置により待機期間の短縮とともにに配偶者の子供は、親の永住権申請手続きと同時に手続きが可能となり、数年も待つことなく米国への入国が認められ、労働許可も受けることが可能となりました。ただし、婚姻は米国法上で成立していなければならず、不法滞在をしている場合は適用されません。

K-1ビザ取得に際しての注意

1986年に制定された移民結婚詐欺改正法では、すべての非移民ビザ申請者は「実は米国に永住したいという意志を持っている者である」と仮定しています。従いまして、USCIS(旧INS)および米国領事はビザの申請を審査する際、ビザ申請者は実は米国に永住したいという意志を持ちながら移民ビザの申請が困難であるため本来の意図を偽り、ビザを申請していると仮定しています。
K-1ビザに関しても同様で、米国に永住したいという意志を持っているために移住を目的として偽装結婚するために申請をしていると仮定しております。 そのことによりK-1フィアンセビザを取得し結婚後は2年間の期限付きグリーンカードが発給され、2年後に恒久的な結婚であることを確認した上で初めて条件無しの正規のグリーンカードを取得することが可能となります。
よって、米国移民局はこのような否定的な観点から申請者に対応しているため、ビザの申請は慎重に、また万全の準備が必要となります。

(ご注意)ビザ取得後に結婚されるケースはK-1ビザ、既に結婚し、長期米国外で待機しなければならないようなケースはK-3ビザとなります。
LIFE Act=Legal Immigration and Family Equity Act

K-1ビザ取得までの流れ

K-1ビザ取得までの流れ

分析でビザ取得の可能性を調査・診断いたします

ビザ取得には「個人の資質」や「何をするかという目的」 また「目的を達成するための条件等を保持していること」によってはじめて取得が可能になります。
分析とは、永住権やその他のビザ申請を行うにあたって、取得の可能性を診断した上で面接を行い、取得するためのサポートやその他のアドバイス等をさせていただくシステムです。以前に却下を受けた方や入国拒否等のビザトラブルを受けた方の場合には 「再度申請が可能か」また「将来においてどのようなビザが取得可能か」等の診断・アドバイスをさせていただきます。

弁護士による分析診断サービス サービスの詳しいご案内

お申込みはこちら

米国移民弁護士があなた様のご状況を総合的に分析し、アメリカビザ・永住権取得や入国に関する個別アドバイスを行います

この様なご相談にお応えします
  • ビザ申請にあたって自分の状況・条件に問題がないことを確認したい
  • ビザ申請却下が今後のビザ申請におよぼす影響を考え、却下のリスクを最小化したい
  • より確実かつ効率的にビザを取得する方法を知りたい
  • どのビザを申請するべきかわからない
  • ビザや永住権を取得できるか可能性を知りたい
  • ESTA(エスタ)渡航認証を却下されて困っている
  • ビザ申請を却下されて困っている
  • ビザ取得の障害となる問題(入国拒否、オーバーステイなどのビザトラブル、逮捕歴など)があり、困っている
  • ビザなしで問題なく入国できるか知りたい
  • 既に他の弁護士やコンサルタントにアドバイスを受けたが、セカンドオピニオンを求めている

分析に必要な添付書類

全ての種類の分析には現在所有のパスポートのコピーが必要となります。
以前にビザを取得されていた方は旧パスポートのコピーも添付願います。

その他ご用意頂く書類

  • K-1ビザの場合
    1. 婚約者からの手紙および婚約者に書いた手紙、その他二人の交際を示す全ての書類
      (電話料金、FAX、E-mailのコピー、写真等)
  • 却下を受けた方の場合
    1. 却下に至るまでの経緯説明
    2. 却下を受けた時の大使館からの返答書および申請書類の全て
    3. 米国大使館からの返答書
  • 入国拒否または強制送還を受けた方の場合
    1. 問題に至るまでの経緯説明
    2. 移民局または入国審査官から受け取った書類等
無料相談窓口

アメリカビザ・永住権、アメリカ滞在についてお気軽にご相談ください。

  1. 電話相談03-3780-7021(平日9:00 〜 18:00)
  2. メール相談無料相談フォームはこちら
  3. 来所相談お電話でご予約ください。(アルビスジャパン所在地:東京・恵比寿

ページTOPへ

ビザ・永住権取得支援サイト

アメリカビザ情報アメリカビザ申請基礎知識アメリカビザ種類と解説アメリカ移住・永住の方法アメリカビザよくある質問アメリカビザ事例ビザ解説書ダウンロード弁護士によるビザ申請(トータルサポート)弁護士による分析診断ビザ申請代行ESTA(エスタ)登録代行DV 抽選永住権応募代行 ●カナダ永住権情報カナダ移住にあたってカナダ永住権取得方法カナダ永住権よくある質問カナダ永住権事例集永住権解説書ダウンロード弁護士によるトータルサポート弁護士による分析診断 ●無料サービス一覧無料相談・質問投資永住権プログラム個別相談各種セミナーALBS メールニュースお問 い合わせアルビスジャパンについてご挨拶IILGについてIILG弁護士会社情報アクセス人材募集特報 Special Updateメディア掲載リスト業務提携 ●サイトマップ

アルビスジャパンインク/ ALBS Japan, Inc.
Immigration Support Office
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-6 エビスファイブビル
Phone:(03)3780-7021 / Fax:(03)3780-7018 / メールはこちら
JAPAN : Tokyo / USA : New York / USA : Seattle / CANADA : Toronto / AUSTRALIA : Sydney

Copyright (C) ALBS Japan, Inc. All Rights Reserved.